もの書きとライター


ライターさん。かっこいいですね〜。

そう言われると、かなり照れます。

 

書くを仕事にしようと決めて4年目。

書くのが好きだと気付いてからは40年の月日が経っています。

40引く4。

36年間、書いた量ってどれくらいなんでしょうね。

ざっと思い浮かべても、ゾッとする数の作品らしきものが頭をかけめぐります。

世に出ない名作たち。(・・・と勝手に思った原稿)

匿名で10年以上、好き勝手に書きなぐったブログ。(現在、放置。謎のアクセス数あり)

お金の発生しない紀行文。

今日も書いている、妄想メモ。

 

職業は?

と聞かれるとフリーのライターと答えます。

公的な場面は、それが伝わるから。

でも、曽田さんって何してる人?と話しかけてくれたら、

もの書きですよ〜。

最近は、自然とこう口にしています。

人間っぽい感じがするから。

 

どうでもいいことに、どこまでもこだわってますね。

かっこいいライターさんは、たくさんいる。

私は、かなり人間っぽく泥くさい。

そんな自覚かあるので、照れます。

 

もの書き屋ってかっこいいですね〜。

そう言われたら、相当よろこびます。

単純でわかりやすい人間です。