静寂にあこがれて


一生のうちに、一度知りたかった書店の中の世界。

あの高尚な静寂に、どれほど憧れたでしょう。

甘かった!

当時38歳、すっかりいい大人に新たな世界があったのでした。

高尚?

静寂・・・。

 

バックヤードは

飛び交う声と

一秒を争う、体育会系の動き。

 

筋肉と、脚力が発達し、おまけに新陳代謝があがったようで

食べようが飲もうが、太りません。

体力勝負なので、痩せてはついていけません。

 

毎朝の大量入荷に、チームで応戦していました。

私の生き方に、この日々が活かされて今日があります。

 

幼いころから大好きだった本。

大人になりかけた時に大好きだった作家さん。

ひとりで泣きたいときに、助けられた一節。

だから今日も本がそばにあります。

 

書店員は

「お客さまの手もとに、書籍をとどける最後の担い手」

 

誇りをもって働く意味を、ここではじめて知りました。

 

でも、想像をこえた現場です。

 

たとえば?

雑誌の付録って95パーセント、現場で手作業でつけています。

 

次回へつづく。