なんで夜霧だったの?


1986年、アパレル業界を希望していた20歳の学生時代。

現場のショップスタッフは

ハウスマヌカンとよばれていました。

 

で、あの曲もヒットしたのです。

完全なネタ歌。

バブル全盛期に、ずどーんと重い曲調。

で、あのタイトル。

なんで「夜霧」だったの?

 

学生のときも、業界にはいってからも

仕事で徹夜明けはあたりまえでした。

だったら

「朝露」でもいいのになあ・・・

と、健全な朝帰りに思ったものです。

 

しかしあの頃ったら

肩パッドはイカリ、トサカ前髪はエスカレートし、真っ赤なリップ。

夜な夜な派手に遊んでいるイメージ。

アルバムを見ると、こ、怖いです。

今はもう笑うしかありません。

 

どう考えても、

「朝露」

・・・なんて爽やかさ無かったです。

でも、○ャケ弁当は、食べていませんでした 笑

 

渦中にいるときも、バブルというよりまぼろしの時間。

ならば、たしかに「霧」

イメージも「夜」だなあ。

 

そういうことですね、ほ〜。