乳腺外来・2000人待ち


立冬を過ぎると必ず行く

乳腺外来。

専門医に診てもらうのは、なにがちがうのか。

どこまでの検査で、ひとまず大丈夫というのか。

誰にでもわかる言葉で、毎回お話してくれます。

 

報道はきっかけに過ぎません。

乳がん検診が、一時の騒動にならないように書きます。

 

このクリニックを知って5年。

大混雑などしていなかったはずが

今年は予約2ヶ月待ち。

年内の検診はあきらめていたところ、

キャンセルが出て、いってきました。

 

Dr.「こんな小さなクリニックでもね、いま2000人待ちなんですよ。」

私「報道ですか?やはり。」

Dr.「そうですね。それで検査しようってなるのはいいんですが・・・。」

 

加熱した報道は、検診を受けているひとにまで

大きな誤解を生んでいるそうです。

だからこそ、

「検診を受けて、自分で正しく理解する」

情報は少しおおげさで、時にまちがって聞こえがちです。

 

私は、大切なひとを乳がんでなくしました。

彼女が病気がみつかってから、教えてくれたこと。

「専門医にかかって、検診をうけつづけてね」

それだけでいいと

自身の経験から、会うたびに言っていました。

 

Dr.「2000人の新しい受診の方々が、正しく理解してくれるのが何よりなんです。

騒動のように押しかけてきても、伝わりづらくなります。」

 

検診さえうけていたら、正しい情報が自分をまもってくれます。

いちばん心とからだに良いのは、ただ淡々と検診です。