肩書きをおろしたとき


いちばん寒いこの時期に

当時29歳。

数字に疲れ果て、迷いに迷って会社をはなれました。

「お世話になっております。」

「来月どうしましょうか?」

会社の看板と与えてもらった肩書きで成立していた会話です。

そこから解放されたとき、文字通り

肩の荷をおろした感で、「やっほ〜!」と大きな声で叫びました。(もちろん自宅で 笑)

 

あれから20年経ちますが、

また新たな職場、役員などで「任期」が終わると

やはり、誰かにバトンをわたしてきました。

 

そしてまた、

ココロエ.を自らつくり、代表という肩書きも背負っているのは

なぜ??と

ふと考えるのです。

 

たぶん、ひとつずつ肩書きをおろしたとき

要らなくなったものも置いてきたおかげです。

 

責任と信条だけは、ずっともってきています。

愛情・思いやりもです。ここすごく大切!

ちょっとかっこ良すぎましたか・・・本当です〜^^