あざとさは、良さ。


読書感想文の宿題、大好き!

そう言うと、

「うわっ、アリエナイ!」

よく言われたものです。

 

そもそもなぜ書くのが好きだった?

オトナから「ほめられる」唯一のものだったから。

 

心からの感想を書いていたのではなく、

大人がほめてくれるのは、どんな文かな?

と、実にあざとい気持ちで書いていたのをおぼえています。

 

高校時代、学年600人女子のうち 実は50人分ほどが私の書いた読書感想文でした。

ああ、若気の至り。

コンビニエンスストアの時給が450円の時代に、

作文ひとりにつき、500円いただいて書きまくりです。

 

昨年末、そんなエピソードを初対面の方にお話したところ・・・

「曽田さん、それっ!今のお仕事では強みですよ。

よろこんでもらうために書くと満足度、高くなりますよね!」

 

え〜〜(⌒-⌒; )??

 

あざとい子ども時代も、悪知恵の高校時代も

文章でよろこんでもらう

コンセプトからぶれていないのだと、キッパリ言って下さりました。

 

そ、そうなんだ。

そうかもしれない。

うん、そうだわ♪

 

その気になっている 単純なわたしです。

出会ったその日に、ここまで掘り下げていくチカラに魅了されました。

 

経営コンサルタントでご活躍の、同世代女性。

すぐにファンになりました。

どんどん話せちゃいます。

思いを話すって、とてもいいですね。

 

もっと上手にきける人になりたい。

そんな野望・・・いえいえ望みも強まりました。

2016の未来日記も書いたことですし。

 

年末〜この1月を振り返ったところで、仕事にもどります!