葉桜に思う。


大切な友の3回忌が5月末だと、連絡をいただきました。

 

桜をみると、思い出しています。

彼女の声、笑う顔。

破天荒に見えて、自分より友だちを立てる言葉少ないひと。

お酒を飲むと、ちょっと羽目をはずす放っておけない彼女。

 

日本人離れした顔立ちの美しいひとは、若くして旅立ちました。

 

30年一緒だったわたしは、

桜が咲き、「葉桜」にかわると

彼女がそばにいるように感じます。

 

彼女のおかげで、

わたしは

今日も頑張れる・・・。

 

よくあるセリフなのかもしれません。

 

生きたい。

そのために彼女が4年という月日をかけて

教えてくれた多くを

まもって生きます。

 

今年は早くも葉桜にかわろうとする桜の木々を見上げ、

感謝。

そして合掌。