クレクレはいけませんって!


企業の歯車では、

毎月お給料をいただくおかげか?

日々 外注の方、クライアントさまとも

会社の看板を背負っている自覚のもと 

仕事ができますよね。

また周りとの歩調もあわせつつ、

いつ どこで どうするのかも 考えやすいです。

 

フリーになると、一転 看板も自分。

代表も営業も商品も、我が身でひとつでおこなうので

企業では出会えなかったひと、突然おりてくるチャンスにも

アンテナを張り巡らせているようにかわりました。

やりがいも大きいですし、からだもしっかり整えていくココロエはできます。

 

が!

こうしてフリーランスになってみて、

こまったなー!もう!

とガマンならずに遠吠えもします。そのひとつが、

クレクレびと という人種です。

 

あなたの力が必要なので とか、 ぜひ相談したい だの、 これを手伝ってくれる?

お仕事依頼のように声かけをし、

時間を膨大にうばい、

情報も引き出そうとするクレクレ族です。

結果・・・完全に無報酬、ボランタリー。

交通費すら出す気配もありません。

 

わたしは、このブログ、代表挨拶、またセミナーなどでも

公言しています。

時間はかぎりある財産。 アイディアは貴重な経験の一部。

それを、うばうのは罪です。

IMG_0850

 

相手の力や時間をいただくのであれば、お願いするほうは

それなりの、良識ある対価を提示するべきです。

 

「いいアイディアありませんか〜」(あっても、出しません。)

「チャチャと、一文書いてよ。」(そんなカンタンなもんじゃありません。)

「あ、じゃ○日 手伝って。」(え、それ依頼ですか?)

 

タッグを組んでいる仲間、チームであれば

かかげる目標に向かって

おたがいを助けていけるので、無償で請け負うこと、またお願いもしています。

その分、仲間への尊敬、感謝は深いですし

かならずどこかで恩をかえしていこうと決めています。

 

おたがい仕事人ならば、相手はプロである。

という現実をもっと意識していただきたいのです。

 

熱く語りましたが、わたしはそうならない固い決意のもと

新たな学びで、クレクレなど寄せ付けないよう防いでいきます。