しゃべる背中。


背中はこころの中を語っています。

真剣そのもので聞き入る背中がほとんどの中、

何だかな・・・?と疑心の背中があったりもします。

正面はつくろっても、背中は正直です。

 

30人ほどの管理職をあつめて行う、企業研修の場。

アテンドのわたしは、いちばん後ろで仕事をしながら背中の顔に気づきました。

 

企業のトップがトレーナーを外部から呼び入れたのには、

深い意図があります。

客観視と分析、問題点をあきらかにすれば

効果として数字があがる期待もありますよね。

 

どんな講師の方が良いのか?

いま伝えるのは何か?

 

トップが社員を大切に思うから、ここまでするのだと知り

見えないところで大きな差がつくのだと驚きです。

 

わたしはトレーナーの方のアテンドですので、

業務を淡々とこなすのみです。

 

ですが、現場の空気はどうしても伝わってきます。

目は口ほどにモノを言う時代から、

背中がモノを言うことにシフトしている。

最近、痛感しています。

 

表現者といわれる役者さん、「演者」とよばれる分野の方は

背中で表現しなさい。

と、指導されているのも 後ろ姿がかたる力を持つからでしょう。

 

後ろ姿を見ているのは、圧倒的に自分以外の誰かです。

そう思うと、お仕事の顔として過ごす時間は

背中まで意識するべきですね。うー、大変だ・・・。

 

背中が語っているのを、じーっと眺めながら

我が身も正すぞと。

わたしの背中は、これまでいろいろ喋っていそうなので(^^;;

キリッといきます!