歩み寄れば、いちばんやさしかった。


3分でわかる!

たったひとつの訳!

などのサブタイトルがついた書籍は多数あります。

 

いちばんわかる・いちばんやさしい・・・シリーズもそうですね。

Amazonレビューなどを参考にどの指南書にすべきか

わたしも迷うひとりです。

 

書店勤務をしていたころ。

「これわかりやすいってタイトルだったから買ったのに!!

ぜんぜん分かんないの!(怒)返金して。」

などという困った様

もちろん返金などいたしません。

その書籍を選んだのは、困った様です^^。

 

PCには強くないわたしは、このHPもプロにお願いしました。

そしてWordPressで作成してもらったのですが・・・。

強くはないけれど、過去にいろいろなレンタルサーバーを利用して、

ブログを書いていました。

パソコン 女性 困る

 

そのおかげもあって基本中のキホンは、なんとか自力で作業しています。

ほどなくして、なにか一冊指南書がほしくなりました。

購入したものには

「いちばん○○」とサブタイトルがあります。

中を見てみると、知りたいことが多く書かれていたけれど、

わからないところもソコソコ・・・いやケッコーありましたよ〜。

という感じです(笑)

 

実際に使いはじめて、自分の限界まで作業してみると

わからなかったページも、こうかな?どうだろう?と試していくだけで

できた!という部分も多く、コレを選んでよかったです。

よほどのことがない限り、参考書などは相性こそあれど

嘘をついたりはしていないのです。

 

自分の理解の度合いで、指南書をつかえるラインまで自力でいくのが

何より大切です。

仕事なら時間の短縮になりますよね。

 

わたしがよく使う言葉です。

最初はみんなはじめてさん。

はじめてさんのレベルでできるところまで頑張ってみて

できなかったらプロにお願いすればいい。

 

できるところまで、頑張ってみるとナニがわからないかも見えてきます。

ナニもしないで、あれこれ文句言っちゃいけません(笑)。

WordPressの指南書を手にしてから、一年。

やはり、わたしにとって「いちばん○○」で手放せない一冊になりました。

かなりボロボロになっちゃいましたけれど( ´ ▽ ` )