取材・押上インタビュー


インタビューは好きです。

ご依頼があると、いちばん緊張しますし、

準備も膨大な時間がかかるのですが、

現場に行くと何が起こるのかまったく読めないのが、楽しい。

 

先日、メジャーデビューしたばかりのアイドルユニットのインタビューに

スカイツリーの麓まで行ってきました。

 

宣材写真から、名前を覚え、動画を何日かチェックし

気持ちを入れていくのが我流です。

 

当日の天気は曇天。

肌寒く、いつ雨が降ってもおかしくなかったのです。

でも彼女たちは、誰一人寒さを口にせず、私たち取材クルーを笑顔で迎えてくれました。

 

親子ほど年齢が違えど、お互いに時間をつくって仕事として会うわけです。

それはプロとして歩み寄らなければ、2時間では共有はむずかしいですよね。

やはり厳しい世界で生き抜こうとしているだけあって、

とてもプロフェッショナルな女性たちでした。

スムーズで、求められているものがわかっている姿はしっかりしています。

言葉も、所作も、乱れない、いい子たちなのだなと感じました。

 

学びました、あらためて。

そして、このGW中に大きなアイドルの大会があり、

彼女たちは見事に優勝を飾りました。

 

その2時間の言葉、どうやって読む人に届けようかと

緊張と楽しみな作業が続いています。

ここに密かに(笑)良かった!おめでとう!と叫んでいるもの書きは、

ひたすら言葉をひねり出すのであります。