友。


彼女が旅立った日、梅雨そのものの空でした。

私たちは悲しみすぎたのかもしれません。

 

彼女の涙雨ではなく、おそらく送った私たちの涙。

 

あれから4回目の6月。

ずっと晴れています。

そして、集う機会も増えました。

思い出をかたりながら、笑顔も年月をかさねた分、多くなるのです。

 

もし。

わたしが彼女だったとしたら・・・。

大好きな人たちに

笑っていてほしいと願います。

 

普段は物静かな女性で、お酒の席になると

饒舌になる貴女の話。

 

みんなの記憶をすり合わせ、語られる武勇伝。

笑ってみているでしょうか?

 

私たちも笑顔でいます。

 

今年も集まれましたよ。ずっと晴れてます、さすが晴れ女。

ありがとう大好き。