文章で変える

ひとの生活を変えてしまう

前回のブログで感じて書きました。

 

SNS発信が当たり前のいま、自分を大きくみせようとしたり、写真盛り過剰になるのも仕方ないのですが・・・。

どんなに短い文であっても人柄がよく分かるようになりました。

文字はみえない多くの情報をふくみます。

 

自分の発信はどのように感じられるのか?

ご依頼のお客さまのための文章は、等身大でありながら良さが際立って

ちょこっと親しみや共通点をつたえているのです。

 

この言葉ひとつで印象がかわる可能性がある。

なんども調整をかけてお渡しします。

わたしのお役目、文章代行を掲げている任務と決め緊張も大きい。

 

20年ほど前、ある媒体から取材をうけた経験がありました。

気をつけてお話ししていても、何を言ったかはよく憶えています。

仕上がった誌面を読んだとき、衝撃で汗がふきだした記憶もハッキリと。

半分以上、ライターさんの「盛り」によってどうにもこうにもスッキリしない内容だったのです。

 

ライターとして始動してから、この衝撃がいつも頭にあります。

大きく盛れば良いわけではありません。

謙遜しすぎても信頼がゆらぎます。

 

ありのままで魅力ある言葉をえらんだ結果が、お客さまが良いほうへ変わられる。

それが代行をするよろこびだと確信しています。