目をほそめて

ひとりっ子なので、家族をもったなら「きょうだい」をみたい。

密かに希望はありました。

 

ひとり産んだあと、すぐに動いてしまい

「産後の肥立ち」の大切さを痛いほど思い知ったものです。

 

結果、密かな願望は誰にも話す機会もなく20年以上の年月が過ぎまして・・・。

ひとりっ子の平成の我が子を見守る日々になります。

 

地元もって生きてほしい。

 

キョウダイのいないわたしが、唯一つぎの世代へ願ったのはそれだけ。

成人した本人がどう思っているのか?

 

聞いても正解はどこにもないので、未だどう思っているのか謎。

謎解きするほどミステリーでもない話です。

 

ただ・・・。

核家族が多い平成でありながら、ひとりっ子がまだめずらしい場所なので

地元に多くの顔見知りをもったのはよかった?

そんな感じです。

わたしの生活にはその考えかな?程度のお話。

 

本人はどう思っているにせよ(笑)わたしよりお顔が売れているのは確かのようで。

幼いころより、いまの大人への一歩を地元で育む姿に目をほそめる親バカです。

 

文章、記事代行おまかせください。

あなたの想いを言語化します!