親。

長きにわたり拘束されていた方のニュース。

ご家族のインタビューで、お父様は

「自分で行ったのだから・・・」

と語られた。

お母様は、心配の言葉を口にされた。

 

この姿が親なのだな。

ぼんやりと思った。

感情が高ぶらずに見ていたはずだったが、涙がつたう。

うれしさの前に、案じた日々の時間の重さを感じた。

 

いくつになっても、親にとっては子。

 

よろこびは、愛とともに深く見えないところに、そっとしまってあるのかもしれない。

見せないからこそ、強いメッセージがきこえた。

 

 

明日10月25日金曜日〜28日日曜日まで、臨時休業いたします。

29日より、通常営業となります。

ご了承くださいませ。

お急ぎの方は、メッセンジャー(Facebook)にてご連絡をお願い申しあげます。

ココロエ. 曽田繭子