放。モノが少なくなると

【大切さが増す】

大切にすると、モノは長持ちするというお話。

 

20代でひとり暮らしをしていた時、モノが多すぎて

トンデモナイ経験をしてから、すこしずつモノをふやさないように気をつけました。

年齢ともに、さらに落ちついたので、スリム化している最近です。

 

*汚れやすいと敬遠していた、白を好むようになる

*価格に関係なく、好きなモノだけが残るようになる

*あたらしいモノを買うとき、何度も考える

 

家という括りだと、家族も共有なので、あまりストイックにもなりませんが、

バッグの中身は、かなり整えます。

手帳・スマホ・財布・ポーチって、どれも小さな個室で、散らかりやすい。

好きな色でもあり、キレイに使う意識をもつよう、白でそろえています。

 

もう5年になりますが、最初のころは雑なあつかいをしてしまい、すぐよごれてしまいました。

いまは慣れてきたのか、明らかによごれたりは無くなりました。

 

使い込んだ感じは、味がありますが、よごれて見えたら替えどき。

割りきりながら、大切に、あつかえるようになったのかもしれません( ´ ▽ ` )ノ

 

 

※メールのお問い合わせには、24時間以内でお応えしておりますので、

何を相談したらいいのかわからない。という場合でも

お気軽にご相談くださいませ。

※文章作成・代行についてはこちらからどうぞ