放。わすれたフリの天袋。

後まわしに出来ない・・・ でもやりたくないぞ。

整理がすすんでも、手を伸ばせなかったのが 和室の押入れの天袋でした。

 

祖母がくれた段飾りの雛人形。手を通さない着物。古すぎたアルバム。

脚立に乗って、のぞいては閉じ、気にはなるのに見ないフリをしました。

あ〜あ。とため息と放置で10年。

大きな箱をおろし、開けるまで時間がかかりすぎた謎。

すべて人手にわたったり、処分できました。(嬉)

押入れの天袋って、あるから入れたくなるけれど、

アンケートをとったら、入れたら出さないランキング1位の場所になりそうです。

それくらい開けない、使わないモノたちであふれていた我が家。

 

普通のマンションで、開かずの間もありません。

視界に入っているのに、10年さわらない収納。

目の上のたんこぶならぬ、家の上の大たんこぶがやっと取れました。

空っぽです。これからも入れるものは我が家にはありません。

 

年をかさねたら、自分ではおろせなかったので開けて良かった。

爽快さに満足しております。

天袋。。。気になっている方、開けるのをオススメします( ´ ▽ ` )ノ

開けてビックリはするでしょうが。

土曜・日曜もお問い合わせに半日以内でお応えしておりますので、

お気軽にご相談くださいませ。

※文章作成・代行についてはこちらからどうぞ

 

 

前の記事

放。19年。

次の記事

最近。