文章のお悩み④ 自分で完結しない。

【自分で書かないほうが良いとき】

深夜に気持ちがのって、一気に書きあげてアップした記事。

翌朝よむと、どうも暑苦しい・・・。

それは何年経ってもかわらないものです。

粗熱をとって。は、2015年10月の記事。

ご参考になればどうぞ。

 

たとえばプロフィール。

ご自分で書くと熱がはいりすぎて

読んでくれる方にとっての知りたい・ききたい情報がない・・・。というあるあるのお話。

 

ご自分の目線より、書いた文章をどなたかに読んでいただくのをオススメします。

①ご自分の思いが、読む方の知りたいとズレる

②自己評価より、他評価を知ると伝わりやすい

③まずはご自分で書いて、ひと晩ねかせてみる

この3つで、すこしでも読みやすく、読みたくなる文章になります♪

 

おひとりずつ、読んでくださる層もちがうのですが、

オフィシャルにだされる文章では、この3つ、先ず意識してみてくださいね♪

 

わたしも自分のプロフィールは、

年に数回ちょっとずつ変えており、そのたびに読んでくれる方をさがします。

こう書いたら? いや曽田さんは、こうでしょ〜とあたらしいご意見もいただけて、

新鮮で楽しいですよ( ´ ▽ ` )ノ

 

盛り盛りの思いを、すこし引いてみる良き方法です。

本日もお読みくださり、ありがとうございました♪

 

※メールのお問い合わせには、24時間以内でお応えしておりますので、

何を相談したらいいのかわからない。という場合でも

お気軽にご相談くださいませ。

※文章作成・代行についてはこちらからどうぞ