50代の経験。そこに居てくれるひと

昭和から平成にかわるとき、

わたしと同年代、もしくはすこし上の方はご存知ではないでしょうか?

すでに社会人だったあのころ

*銀座のネオンが消えた

*お店のBGMが無音

*アパレル業も、モノクロの服装

年が明けたばかりのころの景色は鮮明です

当時22歳 まだまだ若かったですが、街の変化に動揺しました

 

ですので、街が静まっていても既視感と冷静さのなかにあります

 

大切なひとたち、

元気でいてくれて、ありがとう

いままでもこれからも、ありがとうを声でつたえています

【会いたい、声がききたい、話したい】

そう感じたら、すぐに連絡しています

そして、連絡がとれたあと

どんなにうれしかったのかも、直ぐ伝えています

言葉は鮮度

文章は生鮮の品

そしてそれは、ひとの温度があるから生まれる

 

「結局はひと」なのです

握手をしたり、肩をたたいたり、ふざけてハグをしたり

体温を感じられなくても、温度があります

 

昨日につづいて、今日も大切な声をきき、明日も声にあえます

 

※メールのお問い合わせには、24時間以内でお応えしております

①どこから相談したらよいか分からない

②急ぎの場合の納品日数 

(通常納品は、最短14営業日から30営業日 GW・年末年始は変動します)

③アフターフォロー内容 

(ご相談により、ことなります)

そのようなご質問でもまずはご相談くださいませ

※文章作成・代行についてはこちらからどうぞ

112 2020/4/23