45歳からの起業・38 へこんだ経験 2

【景色がまぶしかったころは】

勝手に落ち込み、自意識過剰で涙をながしていた記憶はあります

 

で、結局やるの?やめるの?と自分に問えば、やるしかないと気づくんです

それを何回くりかえしても、やはり続けたい自分しかいませんでした

自意識過剰すぎたのは、妄想と事実の区別ができなかったからです

*当時、シェアオフィスで仕事をしていた

周りにいる全てのひとの中で、自分が最下位と決めつけていました

どうやったら皆みたいになれるだろう?

妄想だけと戦った時間は、かなり多かったと思います

*20代と比べて、覚えが遅いという意見

ベテランの方が何気なく放った言葉を、自分にだけ向けられたと思い込んでいました 

でも20代と比べたら、まあ当然そうだよな〜と冷静になるのも時間がかかったのです

どれだけ能天気だったのでしょう(°_°)

*だったら40代以上は経験

これまでの自分を信じられなくなり、いただいた仕事を進めるのにも支障が出たこともあります 

その頃、みえる景色を変えたくて外へ外へと出て行き

たくさんのひとと知り合ったのが、ようやく好転するきっかけになりました

こうやって自分を分析・・・いやそんなカッコよくもない

自分で悩んで、甘さや粗さもあって当然と受け止め

年齢でみえる景色のちがいも、本を読んだり、知識の多いひとへ教わりに行ったりが忙しかったです

 

最初の壁を受け止めてから、受け入れるまでにも相当な時間がかかったんだと思います

でも、やめようとは考えずに重ねて、今日2020/10/06があって

明日もあればいいのです

 

*********2020年はあと86日もあります***************

毎朝のペン字生活

今月のお手本は、書き出しが「光陰矢の如し」で

「有意義に過ごそう」が書き終えるんです

 

お手本をいただいて練習し始めは、文字を整えて書くことに集中していて

全体のバランスを取れずに苦戦します

書きなれたり、自分のクセを克服できたりしてくると

やーっと全体を見て行けるという、わたしの練習方法です

 

オンラインで指導をしていただいているので、先生に聞いてみたのです

どうも木を見ていて、森を見るのが遅いんです どうしましょう

なんともボヤッとした質問ですが

 

添削の際には、一文字の完成度はもちろん見ています

でも最終的に全体をみてから、提出をどれにするか決めるので

曽田さんは曽田さんのままで今はいいですよ

とのお返事でした

10年前なら

今はいいのなら、いつからダメなんだ?と即悩んでいました

最近は

今はいいのか!という単純思考になった部分もあります

 

その方が楽ですし、時期が来たら自分で気づくんだろうなー

くらいに思っていれば伸び伸びと書けますので(^ ^)

 

**************************************

・ライティング実績 (掲載許可分のみ)はこちらです

・下記青文字をクリックで、これまでの記事にとべます♪

45歳からの起業

*文章のお悩み

得。

放す。

    ココロエ.へのお問い合わせに関しまして(平常時)

※メールのお問い合わせには、原則24時間以内でお応えしております

①どこから相談したらよいか分からない

②急ぎの場合の納品日数 

(通常納品は、最短14営業日から30営業日 GW・年末年始は変動します)

③アフターフォロー内容 

(ご新規さまは、ご相談により変わります)

そのようなご質問でもまずはご相談くださいませ

※ご紹介でいらしてくださった場合は、ご紹介者のお名前もいただけるとうれしいです 

 もちろん、個人情報はお守りいたしますのでご安心ください

※文章作成・代行についてはこちらからどうぞ