読。スマホ脳

あるある・仕事歴史/仕事のハナシ/もの書き日記

【手に取るのはカンタンでも】

読みきるのに時間が掛かった一冊でした。

スラスラ読めるページ数なのに耳が痛い文章は、自分の日常を正せ!とお叱りを受けているようで。

かといって、直ぐに生活を変えます!とも言えないほどスマホに頼っている事実。

 

だからこそお薦めします。 スマホ脳(新潮新書) 

コロナ禍でデジタルに助けられ、リモート化には賛成しつつ、これを改めて読むことで

ご自分にどう役立てるのかを見つけられると思います。

この書籍の大半が、スマホへの依存の怖さについて書かれています。

ちょっとしつこいくらいに・・・笑

ですが、それくらい書かないとわたしの脳には残らないのかな?これくらい言われてちょうど良いのか。

読み終えた時は、読み切った達成感があるんですよ。

 

わたしの年代は、完全なアナログとハイスピードなデジタル化への移行期を生きてきました。

アナログを懐かしんで愛ででいるのではなく、その良さを知っているのでしょう。

また20代半ば〜30代にかけての急速なデジタル化も、ワクワクとしながら過ごしたのも確かです。

専門職の勉強をしていた10代の終わり、タイプライターを打っていたのに

あっという間にワープロになり、パソコンというすごいガジェットを知っていくのですから。

 

なんとなくデジタルデトックスを謳っていましたが、

これが見ないようにしていたココロの奥底にあったんだな。

紙が好きで、書くのも好きなら、感触を知る方法で手を動かそう。

寒いけれど、なるべく歩く機会も増やそう( ;∀;)

きっと、運動を続けなさい!と言われるよりは、この本を読んだ方がわたしには良薬のようです。

 

********今年はあと24日*******************************

寒さと陽の短さだけで、師走を感じています。

多分、昨年もそうだったような記憶がありまして、年々行事の感覚がなくなってきました。

それもデジタル化やリモートの浸透とリンクしているのかもしれません。

 

都合よく生活をしている分、何かを置いてきてしまったのも一部分は自責。

後回しにしがちな事務処理や確定申告が頭にチラつくと、

ようやく季節を感じて身も引きしまるはず・・・涙

*********************************************

・ライティング実績 (掲載を許可いただいたお仕事のみ)はこちらです

・下記青文字をクリックで、これまでの記事のカテゴリに行けます

45歳からの起業

*文章のお悩み

得。

放す。

    ココロエ.へのお問い合わせに関しまして(平常時)

※メールのお問い合わせには、原則24時間以内でお応えしております

①どこから相談したらよいか分からない

②急ぎの場合の納品日数 

(現在納品は、最短20営業日から30営業日 GW・年末年始は随時おしらせします)

③アフターフォロー内容 

(ご新規さまは、ご相談により変わります)

そのようなご質問でもまずはご相談くださいませ

※ご紹介でいらしてくださった場合は、ご紹介者さま名をお知らせください

個人情報は厳守いたします

※文章作成・代行についてはこちらからどうぞ(詳細)